スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.02.28 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

新ブログに移行しました。

突然ですが、ブログを移行しました。
新ブログはこちらになります。

今後ともよろしくお願いします。

gifアニメ

デスクトップ操作を視覚的に説明するために
gifアニメを作る必要があったのだが、
Recorditというアプリを入れたら、これがなかなか便利だった。
先日公開したCommon YouTubeのREADMEにも使っている。

動画とは違ってファイルサイズも小さいし、
結構色々と役立ちそうな予感。

下記のサイトを参考にインストールをした
http://ozpa-h4.com/2014/07/29/recordit/

Common-YouTube 導入方法(日本語版)

先日公開した"Common-YouTube"。
下記の通り、日本語版README(Githubへのリンク)を作りました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 

Common-YouTube (Beta => v0.0.2)

YouTube検索を行うためのChrome拡張機能


概要

YouTube検索を行うためのショートカットコマンドを提供します。


セットアップ

1 : ダウンロード => インストール

crxファイル をこちらからダウンロードして下さい ⇒ Releases (Beta => v0.0.2). 

・拡張機能のインストール方法

Chrome拡張機能ページ(chrome://extensions)を開き、先ほどダウンロードしたcrxファイルをドラッグ・アンド・ドロップで格納してください。

2 :ショートカットコマンドのセットアップ

Chrome拡張機能のショートカットコマンド設定ページ(chrome://extensions/configureCommands)に移動してください。


右のショートカットコマンドを追加してください : Ctrl + Shift + Z
(もちろん、あなたの任意のコマンドで追加しても構いません)


使い方

テキストを選択した状態で、先ほど追加したショートカットコマンドを実行してください。
選択テキストでそのままYouTube検索が行えます。

usage_Common-YouTube.gif



 

音楽の掘り方

私は最近、音楽を掘るのはもっぱらネットになっている。
ま、今の時代を生きる平均的な思考の持ち主なのである。

気になる音楽にぶつかると、まずはYouTubeで検索をかけて、
音楽がアップされていれば、そこでそのまま視聴する。
大抵そこで気にいるか、気に入らないかが別れる。

そういうわけで、私は音楽を聴くためにYouTubeをよく使う。

最近、気になるアーティストの単語をクリップボードにコピペして、
YouTubeを開いて検索窓に貼り付け->検索、という手順が面倒になり、
テキストを選択した状態でショートカットコマンドを押すと、その単語でYouTube検索をかけてくれる、
choromeの拡張機能を作成した。

choromeのストアに登録するのはお金かかるし(と言っても、大した額ではなかったと思うが、なんとなく億劫で)、
自身のために作ったようなものだったので、自身のgithubから公開することにした。

もし興味ある方は、セットアップ手順(英語)も書いてあるので、chrome環境に導入してみてください。
5分もかからずに終わります。

誰でも作れるような簡単な拡張だけど、自分の中では割と重宝している。

Let's Digging Cool Music!!
------------
※なお、まだBeta版ですが、動作は問題ありません。
Betaとしているのは、プログラムの設計的に改善の余地があるため。

Common YouTube(Beta Release) 
------------

関係ないけど、日本語でchromeをチョロメっていう人がいる。
語感が可愛いですよね、チョロメ。ニャロメみたいで。
(と、書きつつも、私はクロームと呼んでいる)

テクノロジーの進むスピード。テキストエディタ。

テクノロジーの進歩は素晴らしいが、
テクノロジーが進歩しているという事実を認識しているか否かで、
その恩恵を受けられるかどうかは分かれる。
ま、当然のことだ。


私は昔小説を書いていた。
別にプロの作家じゃないし、原稿料が出るわけでもない。
それでも小説を書こうと思って、毎日PCに向かってせっせこせっせこと文章を書き連ねていた。
そのとき、私は古いWindowsXPマシンの中に入っていた古いMicrosoft wordを使っていた。
別に意図的にそれを使っていたわけではない。
それがたまたまPCに入っていて、しかもそれしかなかったら(それの使い方しか知らなかったから)、
それを使って書いていたわけだ。

PCは立ち上げに10分はかかるシロモノだったし、
wordも良く途中でフリーズして書いた内容が消えてしまうことも珍しくなかった。
だが、私はそれでもせっせこせっせこと文章を書き連ねていた。
保存することを忘れて2000文字ぐらい書いた後に、突然強制終了したときは、
とりあえずその場でビールのプリングを弾いたものだった。

今、私は主にテキストエディタで文章を書いている。
テキストエディタはいくつか使い分けているが(大抵は気分で使い分けている)
今このブログはMac環境で"mi"を使い、書いている。
特別カスタマイズしているわけではないが、
Emacsのキーバインドを適用してからは以前よりも親しみが湧いてきている。
(Emacs使い、というわけではないが、やはりMacを使っているとこのキーバインドは自然と手に馴染んでくるものである。)

おそらくWindowsXP + Microsoft wordの組み合わせ時代の私よりも
文章を書くスピードはアップしているはずだし、効率性も段違いのはずだ。
それはテクノロジーの進歩も当然あるが、それよりも前に、
私が道具(そのテクノロジー)の使い方を覚えただけのことだ。
こういうことがこの世の中にはたくさんあるように思う。

私がテクノロジーについて知っていても知らなくても、
時代はものすごいスピードで進んでいく。
その事実を認識できるか否か、それが重要なのだと日々通関する。

Amazonを知らなかったとき、私はジャン・ジュネの小説を買い求めて、沢山の本屋を探しまわったものだった。
いまではもうワンクリックで買える。驚愕である。

ちなみに初めて読んだ(書店で手に入れた)ジャン・ジュネの本は『ブレストの乱暴者』である。
初めて読んだジャン・ジュネの本、ということもあり、
文面にほとばしるその詩的でいながらも、圧倒的なまでに力のあるアクの強い世界観に、
当時の私は打ちのめされた。


そうだ、ブログを書こう。並行的執筆作業。


ついさっき久しぶりにブログを書こう!と思いたった。

なぜ急にそう思ったのか分からない。
ただの気まぐれだろうか。
あるいは、長い間ブログを更新していなかったことを、実は内心、後ろめたく思っていたのかもしれない。
ま、理由はよくわからなまま、ブログを書こうと思い立ち、
今PCに向かっている。
Deruを聴きながら。冬の夜によく合う。

ブログを書こうと思い立った時、幾つかの書きたいテーマが浮かんでいたので、
それらのテーマを並行的にテキストエディタに書きなぐっている。
こうやって並行的に文章を書く作業というのはとても楽しいものである。
あーこの文章書くのに集中力も切れてきたなーと感じたら、別のテーマに移ればいいからだ。

私は基本シングルスレッドでしか動作できない人間だが(要は同時に複数の作業ができないタイプの人間であり、人に話しかけられると手が止まるタイプ)、
飽きたら別のにとりかかる、というふうに作業を進めるのはとても楽しい。
考えてみれば、作曲やプログラミングについても、同じように平行して作業を進めることは割りと多いように感じている。
もしかしたら飽きっぽい人間なのかもしれない。

ま、そういうわけで、幾つかのテーマを今手当たり次第、書きなぐっているのだが、
それらのテーマは今まさに書き散らかしているような状態なので、後日このブログに載せようと思う。
載せる、というほど大げさな文章でもないが。

関係ないけど、ギネスビールは和食にとてもよく合う。

レッドブルに似た味、チェリオのボディーガード

チェリオ ボディガード

レッドブルの味が好きだ。
どんな味?と聞かれると形容しづらいけど、レッドブル飲んだことがある人は分かるだろう。
あの味自体は好きだけど、そんなにエナジードリンクは飲まないので(時折飲んだときに体調悪くなるのだ。体質的な問題か?)、あの味が恋しくなっても、買って飲んだりはしなかった。 だが、このボディガードがあれば、気軽にレッドブルの味が味わえる。正確にはレッドブルを薄めた味という感じ。
※勿論、これは私個人の感想なので、このブログを見て飲んでみて、思っていたのと違っても、コメント欄を荒らすような真似はしないでください。

このボディガード、以前にも売っていた気がして、そのときも私はこれはレッドブルに似ているなーと思った記憶がある。だが、いつの間にか店頭から消えていた。そして、数年後、こうして再会できたわけだ。ちなみに容量が700mlも入っているため、到底一度に飲み切れる量じゃない。200mlも飲めば満足するので、半分以上残ってしまう。

だが、そこは問題ない。ウォッカと割ればクラブドリンクだ。
ドリンクだけでもクラブのバーカウンターにいる気分に浸ろう。

そして今日の気分で、1曲セレクトしてみた。夜中のクラブで聴きたい一曲だ。だが、私は早寝早起きタイプなので、実際に夜中のクラブで聴くような状況にはならないだろう。



私はこの曲を聴きながら、クラブな雰囲気に浸るわけではなく、中断していた部屋の掃除を再開する。

夜の風とDanse Macabre



夜、窓を開けて涼しい風を部屋に入れながら、この曲を聴いて眠りにつこうとしていたら、
曲の展開に完全にリンクして、急にふんわりと沢山の風が部屋に入ってきた瞬間があった。
カーテンが急ぎ足に部屋を飛び回り、窓際にかけてあった服を一斉に揺らした。
まるで映画か何かの世界に自身が入りこんだような気持ちになった。
もしかしたら、それは夢の中だったのかもしれないけど(いや、たぶん起きていた)。
素敵な一瞬だった。

PreciseHeroとBeagles



最近のBeaglesを語る上で、PreciseHeroとのコラボレーションはとても重要だ。
下記リンクは我々のプロジェクトのWEBサイトだ。
音源やミュージックビデオ、インタビュー音声など、様々なコンテンツに触れることが出来るので、じっくり見てみてほしい。

BEAGLES X PRECISEHERO

このプロジェクトでは、今までに1枚のフル・アルバムを含む、数枚の音源と、カセットテープ作品を、アメリカ・ミシガン州の"WonderKind 202"というレーベルからリリースした。
また、クロアチアのラジオ番組からインタビューされたり、海外の音楽を紹介する日本のオムニバスに収録されたりした。
(どれも、とても嬉しいことだ!)

今も我々は曲作りを行っている。

ちなみに、下記はPreciseHeroのオフィシャルページだ。
PreciseHero’s official page

彼は、最高に刺激的なアイデアを沢山持っている。マジでクールだよ!

Beagles - "The Fantastic Escape"について



お次はBeagles関連のアウトプットについて。Beagles名義でのオリジナルアルバムとしては"The Fantastic Escape"が最新となる。
なお、こちらも下記リンク先よりフリーダウンロードできる。

Beagles - "The Fantastic Escape"(Bandcamp)

このアルバムは私も大ファンである日本のエールビール醸造所『ヤッホーブルーイング』から多大なるインスピレーションを得て制作されており、いわばヤッホーブルーイングへのラブレターだ。
そして大変光栄なことに、ヤッホーブルーイングがBeaglesのことをWEB上にて紹介してくれた。
ファンとしては感無量なことである。

音楽がきっかけでこういうことがおこるってすごく素敵なことだよな〜と最近よく思う。
昔、自分にとって音楽は自身への浄化だったり、表現方法だったりしたけど、こうやって人と人をつなぐものとしても機能している。
こういう一面を直に感じられる瞬間ってすごく大切な気がする。たぶん、自身が思っている以上に音楽ってすげーんだろうなと思う。
じゃなかったら、苗場の山にあんなに人を集められないよ。

このアルバム、曲によっては、当時聴いていた音楽の影響が結構出ている気がする。それは自分で作った曲だからそう感じられるだけかもしれないけど。
当時、モロッコ音楽やゴスペルをよく聴いていたんだ。

アルバム全体の雰囲気としては、以前みたいなサイケ・ポップ色は薄い気がする。そんでもって、ポップな感じだ。

まだ聴いていない人は、ぜひ聴いてみてください。



 

| 1/114PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>

PreciseHero & Beagles

Beagles - "The Fantastic Escape"リリース

yonayonaBeagles 

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode